DUSK SKATE SHOP
DEAR SKATING [ディアースケーティング] VERT RAMP BLANKET

PRICE: 14,500円(税別)

(TAX IN: 15,950円)

PRICE: 14,500円

在庫数 ×
DEAR SKATING [ディアースケーティング] VERT RAMP BLANKET
『マニアック過ぎて伝わらないブランド』的な
位置付けになっている気もしないでもないw

今シーズンはQuasiとAlien Workshopに
関わってきた人たちとDear, が手を組んで
コレクションを展開しています。

Dear, を主宰するクリスは
人生のほとんどをロサンゼルスで過ごしてきましたが
実はスケートボードを始めたキッズの時は
オハイオ州にある
クリーブランド郊外の街に住んでいました。

オハイオ州のスケートボードは
他の寒い都市のスケートシーンと大差はなく
数週間続く雨季と何ヶ月にも及ぶ
雪の日々を過ごすそうです。

もしラッキーなことに
スケートパークの近くに住んでいたら
インドアとアウトドアを
同じぐらいの割合で楽しめるそうですが
クリスは自宅の地下でスケートを始めたそうです。

そのような荒れた天候と
スケートに縁のないロケーションにも関わらず
オハイオは影響力のある
スケーターを何世代にも渡って輩出し
スケートボードの重要な
スケートカルチャーの道筋を作りました。

Gary Scott Davis, Marty ‘Jinx’ Jimenez,
Mark Heinzman, Mike Hill, Ned Hadden,
Chris Carter, Rob Dyrdek, Al Davisなどに
インスパイアされたこのコレクションは
彼らのように多大な貢献を
してきた人たちの為に実現し
オハイオのスケートボーディングの
現在と未来を現すものです。

Mike Hill(AlienWorkshop, co-founder)と
Chad Bowers(Quasi co-founder)と
オハイオの仲間たちと
ユニークなコレクションを
ご紹介出来ることを
Dear, のクリスは誇りに思っています。

このブランケットは
Mike Hill(AlienWorkshop, co-founder)のローカル、
デイトンの人気のあったバートランプ、
当時は"Squidのバートランプ"で親しまれていた
デザインがブラック&ホワイトで
編み込まれている
スペシャルなモノとなっています。

これを作ってくるところがさすがはDear, です。
マニアックなモノしか作ってきません(笑)

dear,はプロダクトにストーリーが
存在するのがとても面白いですし
今回もとりあえず手元に置いておきたいところ!?

サイズは約177 x 116cmと大きめで最高です!!
そしてMADE IN USA!!!
拘りぬいた珍品ですw ディアーは素敵です!
織りで写真表現してるので、少し薄くなっている箇所やほつれのように感じます。
予めご了承ください。

商品画像は実際の色味と
若干異なる場合もございますので
予めご了承ください。